コロナ禍での学校教育

欠席したお子さんも、スタンドで固定したiPadから授業に参加することができます。

iPadはキャビネット内でまとめて充電、保管。自宅に持ち帰るかは各自の判断に任せています。

インタビュー

− iPadの導入に至った経緯は何ですか?
A.昨年春の休校期間、学びを止めないために4年生以上の児童に導入しました。